Q13. 天空率とは。

天空率は建築基準法で「斜線制限で得られる採光・通風などと同等以上の採光・通風が得られれば、現行の斜線制限の適用を除外する」となっており、「確保される採光・通風などの程度の指標」として建築基準法に規定されている。斜線制限で上階がセットバックしたものが、指標に合えば、セットバックがなくともよい。大規模な建物でなくとも、住宅のような小規模建物でも指標に合えば、有効活用できる。

2018年06月03日