お役立ち情報一覧

Q1.地震に対して安心・安全にするには どうしたよいですか?

A1.まず,その建物の、建築士<耐震診断士>が現場調査を行う。その現状に対して、耐震診断(一般診断)を建築士が行う。その結果により耐震補強計画を立案して、家を安心・安全な耐震補強工事にするための、概算金額を算出します。それにより、工事をするか否かを、建築士が説明をして、建築主が判断する。 その際さらに、精密診断を行うことがより望ましい。精密診断は、設計者と工務店と一緒に問題のある箇所を壊して、より正確な現状を把握する事ができて、より適切な補強方法を行うことができる。 現在、熊本大地震等を考慮にして、建築基準法の耐震強度を1.0として仮定しているが、、その1.25倍又は1.5倍(耐震等級2又は3)が必要でないかと言われている。
耐震診断料は自治体により異なるが、一部を助成したり、全額を負担するところもある。

        耐震診断ソフトによる 現状住宅と耐震補強後の住宅のシュミレーション

                                     出典:インテグラル社 ホームズ君より


2017年04月11日

Q2.快適な住宅に住むには どうしたらよいですか?

A2.現在の最新省エネルギ基準、省エネ等級4(省エネ28年基準)とするには、家の各部位(屋根・外壁・窓など)
   の断熱性能を上げる。さらに、日射を調整するように、夏・冬の日当たりを考慮して庇・ルーバーを設置する。
    また換気と給気、吹き抜けによる、通風・換気等をその土地・場所に考慮することが、大切である。
   国の定めている戸建住宅の基準エネルギーの消費量より、設計している家の消費エネルギー量を小さくしなければ
   いけない。それをクリアすると、現在住んでいる住宅と比べ、省エネとより快適な住宅となる。
     H28年省エネ基準が、今年度義務化となる予定であったが、それが努力義務となった。また、省エネ28年基準
    必要性を建築主へ説明義務があるとした
   さらに、高効率断冷房設備・LED照明・通風・太陽光発電等を利用すると、ZEH<ネット・ゼロエネルギーハウス>
    とすることが可能である。

     省エネ住宅・ZEHを考えるイメージ図

 


 

 

出典:ホームズ君.COM セミナー  講師 東京大学大学院 建築学専攻 前真之 資料より

 

 

 

 

 

2017年04月11日

Q3.プランニング(平面計画)を立てるのに大切の事は どのようなことですか?

A3. 私たちの生活する一生を考えて見る。 新婚時代→子育て時代→子育てが終わり又2人の生活の時代→2世帯住宅又は現住宅を売って マンション等の終の棲家に移る、などの変遷が考えられる。当然その中には 建築予算の事も大きく作用するが、上記のようなサイクルを考慮しての平面計画が望ましい


プランニングが決まるまでのプロセスは、次のような事が考えられる。

 ・敷地の大きさ・立地(ロケーション)・その土地の風向き(卓越風向)を考慮するなど。
 ・家族構成(4人家族・3世代家族)など
 ・住む人の考え方・趣味・こだわりを入れたプランニング。(キッチン廻り、リビング、寝室、玄関など)
    いろいろと考えられますが、建て主(クライアント)と設計者がよく打合せをして、要望にそったプランをつくることが大切である。

    事例もありますので、お気軽にご相談下さい。

 

2017年04月11日

Q4. 現在住んでいる住宅を、長持ちさせるには、どのようにしたらよいですか?

A4. ご自宅を、自身の体に置き換えると、加齢と共に容貌・内臓等に手入れ、注意事項が増えると同じように、住宅も同じように、外壁、台所流し廻り、お風呂場、居間フローリング等が傷んで、リフォームされた方も多いと思います。ここに参考として、家のメンテナンス時期の目安<インスペクション> と家のカルテともいうべき、<家の履歴書>の参考資料を載せましたので、ご参照下さい。あとは、これを参考に、ご自分でチェックするなり、専門家・建築士なり、工務店に相談して、家の健康状態を把握して、メンテナンスを必要な時に行うことが、家を長持ちさせる秘訣と言えます

耐震補強とリフォームされた大田区A様邸

インスペクションの詳細


家の履歴書の詳細

2017年05月27日

Q5. 地盤と基礎形式について

A5. 家の総重量を支える地盤が、非常に大切なことは、言うまでもありません。しかし、一般の人が、その地盤の良し悪しを、判断することは、なかなか難しいと思います。専門業者に依頼して、地盤調査を行って、地耐力を知るのも一方法です住宅の一般的な地盤調査に、スウェーデン式サウンディングがあります。 以下に地盤と基礎形式の概要の参考資料がありますので、ご参照下さい。

地盤と基礎形式の概要

 

 

 

2017年06月08日

Q6.ヒートショック防止と断熱性能の向上

温度差の少ない<断熱性能のよい>室内環境に生活していると、歩行数が増え、健康寿命が延びるという。断熱性を高めるには、まず夏・冬共に、家の部位の中で、窓から外部に逃げる熱量は、全体の50%以上を占めるため、まずこの対策が必要であろう。その対策として、ペアガラスをする方法もそのひとつである。次いで、床・壁・天井の断熱性能を高める方法となる。

脱衣室の多くは、冬場には温度が低く、浴槽に入ると、身体が温まり、その温度差が血圧の変動を大きくし、心筋梗塞や脳梗塞を引き起こす原因となる。脱衣室は、オールヒーター(パイプ状の電気ヒーター)等の温暖対策が必要となる。また改修工事でユニットバスを入れる事により、浴室の断熱性能を格段に高める。

 

 

  オールヒーター

脱衣所に電気ヒーター<オールヒーター>を取り付けるのも、ヒートショック

ならないようにする対策のひとつである。

また、浴室は、現在温風により、浴室を温めるユニットバスも多いので、それを設置する

ことにより、部屋間の温度差がなくなり、ヒートショック対策になる。

 

 

 

2017年09月04日

Q7.木造住宅を地震から守る大切な事

① 充分な壁量と、ねじれのない壁配置の平面計画
② 外れない接合部・節の少ない筋交い
③ 適切な維持管理<雨漏りなどで腐食進行していないか。
④ 構造性能を落とさない増改築屋上に、物置・ログハウス等 積載荷重をオーバーした建物等を建てない。>
⑤ 地盤に相応しい基礎の設置<傾斜地、液状化、無筋コンクリート基礎等の対応>

    ねじれを少なくするには 、偏心率を小さくする

        建築基準法  0.3 以下でよい
        建築基準法  0.15 以下はとてもよい

    偏心率とは  耐震力等の地震力に対しての、水平抵抗要素の偏りの大きさを表している。
     <重さの中心:重心、強さの中心:剛芯の距離の少ないほど、ねじれが少ない。>

   耐震等級

   1.25  :等級2<建築基準法の1.25倍>
   1.5   :等級3<建築基準法の1.5倍>
   2.0   :これなら安全という数値

熊本大地震からの写真

 震度7の揺れが数日のうちに2度ありました。<過去にはこのような事例はありませんでした。>

 

 

 





                                

                                  上階が重いプランによる損傷
  重い屋根による損傷                  

①、②、③が原因と推定           ①、②、③が原因と推定












  柱と土台の接合部が外れる

②  接合金物 取り付け釘の長さが足りない

 

2017年09月13日

Q8.リノベーションとコンバージョン

リノベーションとリフォームの違いは、軽微な改修<キッチンセットの取り換え・ユニットバスへの変更、外壁の塗り替え等>をリフォームといい、設備・部屋の位置変更等大きな改修をリノベーションと言います。

コンバージョンは長い年月の間には、地域の建築需要が変化する場合もある。こうした際に用途を変更するのがコンバージョンである建築ストック<空き家>のマネージメントが重視される時代となり、コンバージョンの意義は大きくなった。「戸建て住宅⇒グループホーム」、「寮・社宅⇒分譲マンション・有料老人ホーム」など・・・用途変更されたものがコンバージョンの例である。

 

寄宿舎から定期借地権付きマンションへのコンバージョン<用途変更では、関係法令・条文への適合が求められる。>

 

            従前建物平面図                                再生後建物計画

2018年05月30日

Q9.日影シュミレーション

建設地の緯度経度から、設計中の建物や隣家が落とす影をシュミレーションして、計画建物を平面的・立体的に検討します。


      計画建物の夏至<6月22日頃>AM10:00頃の日影

2018年05月30日

Q10.室温シュミレーションはこのようにして。<動的熱負荷計算>

建設地の気象データにより、平面プラン・壁面の断熱性能・熱容量<家具>・エアコンの運転スケジュール・在室人数・内部発熱<照明器具・家電>換気経路を考慮した動的熱負荷計算による、室温計算を行います。また,隣棟等による日影を考慮した、日当たり具合を計算に反映させる。パッシブ要素である自然を取り入れた、太陽光エネルギーの活用、エアコンの能力の検討、電気代の試算が行えます。

 

5月23日 AM10:00頃の室温シュミレーション

 

年間の断冷房費のシュミレーション



2018年06月02日

Q11.太陽光発電の収支までのフロー


太陽光発電の発電の仕組、太陽電池パネルの構成、太陽電池とはなにか、太陽電池の種類、そしてよくわかるZEH<ゼッチ>を順に読んでいただき、売電とさらに、収支はどのようにして、計算されるかのフローはお解りいただけたと思います。詳しくは、収支計算等は事務所にお聞きいただければと思います。



2018年06月03日

Q12.室内の明るさを、シュミレーションする。

 直射日光や照明器具は考慮せず、天空日射*1<空の明るさ>により、室内がどれだけ明るくなるかをシュミレーションします。

  *1: 太陽からの光が、大気中の水蒸気やチリなどによって、乱反射されて地表に到達した日射。

2018年06月03日

Q13. 天空率とは。

天空率は建築基準法で「斜線制限で得られる採光・通風などと同等以上の採光・通風が得られれば、現行の斜線制限の適用を除外する」となっており、「確保される採光・通風などの程度の指標」として建築基準法に規定されている。斜線制限で上階がセットバックしたものが、指標に合えば、セットバックがなくともよい。大規模な建物でなくとも、住宅のような小規模建物でも指標に合えば、有効活用できる。

2018年06月03日

Q13.構造別工事費と設計監理料


家の計画を建てる際、まず予算である。各々の概算を参考にして下さい。

構造別概算工事費                         耐用年数


木造                70~100万円 / 坪     50年


S造(鉄骨造)            90~110万円  / 坪     6 0年


RC造(鉄筋コンクリート造)         100万円 / 坪     70年


          < 建物のグレード・規模、建物の立地環境により、工事単価・耐用年数も変動します。>


設計監理料     工事費の約10%~12% <リフォーム工事:工事費の約12%~15%>

              <ご相談に応じます。>

 

 

 耐震補強工事・室内リフォーム工事

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年07月28日

Q14. 木造の白蟻対策について

白アリには、ヤマトシロアリ、イエシロアリ、アメリカカンザイシロアリガ多い日本には22種の白アリが生息しているという。
白アリは、腐朽した木材を好むので、まず床下、外壁などを、乾燥した状況にすることが、大切です
また、白アリから、家を守るために、薬剤により木材保存材処理された、木材を土台・外壁の軸組み<柱・間柱など>での使用も対策である


 因みに私も目黒区を中心とした、住宅50軒程の調査<耐震診断を行う際の調査>のうち、1~2軒に白アリの被害が見られた。
いずれの家も、床下に水がたまる状況になっていたとか、水廻り<浴室・洗面など>の・配管の水漏れなど、湿気の多い環境に建っていた住宅である
床下<ベタ基礎>・外壁<通気工法>を乾燥させる工法も良い方法である。

また、6~7月頃の、夕方から夜にかけて、飛んで電灯にやってくるのが、羽アリのイエシロアリである

 

2018年07月28日

Q15.省エネルギー向上のための改修設計・工事(1)

国土交通省監修 建築環境・省エネルギー機構による設計ガイドラインの指針<エネルギー消費50%削減を目指す住宅改修>によると、

次の方法がある。

建物外皮の省エネルギー改修には

①断熱・漏気(ろうき)改修

断熱・漏気改修は、熱貫流・漏気による、外皮からの熱損失を削減するための手法である。基本は外皮の断熱性能の強化と、隙間風を防止する

漏気改修の検討が必要となる。

②日射熱制御(日射熱取得・日射熱遮蔽)のための改修

冬には日射を取得し、夏・中間期には、日射を遮蔽するという相反する性能が求められるため、ブラインドやすだれなどを活用する、またに日射熱遮熱取得・ 自然風

遮蔽性能に大きく影響を与える開口部には自然風利用や、昼光利用を損なわないように計画することが大切である

③蓄熱による日射熱利用のための改修

開口部からのに日射熱を取得し、取得した熱を蓄えて、日中の室温の過剰な上昇と日没後の室温の低下を軽減することにより、暖房エネルギーを削減

する手法です。取得熱量増やし(集熱)、取得熱の損失を抑え(断熱)、取得熱を有効に利用し、室温の低下を防ぐ(蓄熱)。

④自然風利用のための改修

自然風を取り込み、住宅の安全性・快適性を損なうことのないように、建物の形状・プランの工夫・開口部の形状・開閉操作の工夫・防犯・騒音面の配慮

をして、計画することが必要である。

⑤昼光利用のための改修

季節ごとの太陽高度や隣棟の影響を、踏まえ開口部の位置、トップライトなどの採光、空間構成の工夫・内装の工夫によ利、部屋の置くに光を導きいれる、

「導光」があります。

 

 

2018年09月15日

Q16.省エネルギー向上のための改修設計・工事(2)

設備の省エネルギーの改修には

①暖冷房設備改修

最近の暖冷房設備の省エネルギー性能の向上は著しく、効率の良い新しい機器に取り替えることは、暖冷房の削減に有効な手段となります。住宅のエネルギー消費は、暖冷房設備が全体の約の30~60%を占めると想定されている。

②換気設備改修

平成15年の建築基準法の改正以降、住宅では、シックハウス対策として、機械換気設備の導入・ホルムアルデヒドなどを発散する建材の使用制限と合わせ年間を通じて、居室に1時間当たり0.5回以上の有効換気量が求められている。

③給湯設備改修

温暖地の住宅の1次エネルギー<石油・水力・原子力・太陽光等自然から得られるエネルギー>消費量の約1/3は給湯用途とされ、給湯設備の省エネルギー措置は重要である。エコジョーズは、熱効率が従来型より高効率となっている。

④照明設備改修

高効率型光源及び照明器具への交換、調光やセンサー・タイマーの設置、多灯分散照明方式などの手法がある。LED照明は、省エネと共に器具の長寿命により高所に取り付けも検討されたい。

⑤高効率家電機器の導入

住宅の消費電力のうち、約20%はテレビや冷蔵庫といった、一般家電による(2010年の水準)。現在保有している家電の種類と製造年代によって、買い換えた場合デモ、数年でイニシャルコストや、製造時のエネルギーを補うこともできるものもある。

⑥コージュネレーションシステムの導入

コージュネレーションシステムは、オンサイトで発電し、発電の際に発生する熱を住宅内で使用することにより、エネルギーの総合利用効率を高めることのできる機器です。(既存給湯設備改修を含む。)

その他 太陽光給湯システム・太陽光発電システムも検討する必要がある。

 

2018年09月16日

Q17. ZEH住宅をつくるには

ZEH住宅をつくるには、まず太陽光パネルの設置場所(所用の広さ、㎡)が必要である。通常2階の屋根(1階屋根に設置場所があれば同様)、3階屋根部分が一般的である。また、屋根の形状、屋根面の方角によっても、発電量は異なってくる。

そこに、外皮性能(断熱性能、2重ガラスサッシ、庇の設置)のアップ、高性能な設備の採用により、消費電力量を抑え、その上で、太陽光発電により、電力消費量を、ゼロとすることが、ZEH(ネット・ゼロエネルギーハウス)である。

         フロー

         StePー1    外皮性能の強化

         StePー2    高性能設備の採用

         StePー3    太陽光発電の検討

                  詳しくは当事務所にお尋ね下さい。


       

 

2018年10月12日